犬の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の放任主義について



ひと昔前から言うところの「放任主義」、親が子供を過保護に育てるのでは無く、子供の自主性を尊重して親が遠くから離れて見守るということで、「親」という漢字もそういう意味を含めていると聞いたことがある。こっちはジャンボお父さん。


IMG_4874.jpg


子供と犬のしつけは似ているところも多いが、こと「放任主義」ということに関してはまったく違って、犬の場合放任主義にすると犬に相当のストレスがたまるという。


IMG_4879.jpg


なるほど、犬はもともと群れるもので、信頼できるボスの元で生活することが何よりの安らぎなのだから、ほったらかしにされて嬉しいわけがなく、ストレスがたまるのは当然か。


IMG_4886.jpg


ほったらかし、つまり「無視」という行動が、犬にとって何よりの罰となり得るから、欧米式のドッグトレーニングなどでも罰として与えるのは体罰ではなく無視になっているのだ。


IMG_4882.jpg


子供も放任主義の度合いによっては、寂しさから好き放題してグレることもあるだろうが、犬だってストレスから色んなものを破壊したり、吠えまくったり、それなりにグレる。


IMG_4894.jpg


つまり犬のしつけに「放任主義」という定義は存在せず、常にコミュニケーションをとりながら、飼い主も犬も一緒に勉強し成長して行かないといけないということなのだ。ということで、犬の問題行動はほぼ飼い主の責任ということになる。


IMG_4897.jpg


そうです、飼い主の責任です。



みなさん良い休日を、ランキングアップにポチッとご協力を。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログをお持ちの方はクリック!訪問させていただきます。






コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて


ラブラドール、スタンダードプードル、Mダックス、シーズー、4匹の看板犬たちと共に生きる、今年人生半世紀を迎えた中年親父が懊悩しつつ犬ブログを綴っています。
最近の記事
カテゴリー
CalendArchive
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター
お友達リンク集
RSSリンクの表示
携帯用ブログQRコード


http://petfuca.blog95.fc2.com/?m

ちょっと一息
天気予報
お散歩の参考までに^^
管理人紹介


PETSHOP & TRIMING
fuca店長です。愛犬飼育管理士、一般社団法人JPLA家庭犬トレーナー研修所講師をしています。趣味は読書。英国式トレーニングで、犬たちが幸せな生涯を送れるように、個人で出来ることをひとつずつ実践したいと思っています。

メール送信はコチラから

主に登場する面々
    大先生、管理人と同い年
    トリマー歴◯十年の相方




    お店の名前にもなった
    M・ダックス風花、8歳。




    看板犬軍団影の女番長。
    シーズーしじみ、7歳。




    桜子ラブラドール7歳。
    出産経験1度あり。




    雪子スタンダードプードル
    まだまだ子供の3歳。



管理人のTwitter
フォローお待ちしていますのでお気軽にどうぞ!



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。