犬の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬を人間扱いする件



昨夜「家飲み」をしながら、たまたま観ていた「月曜プレミア!パンダ先生の“学べる!どうぶつ園”」という番組が面白かった。何が面白いのか考えてみたら、あんまり演出がなくてそのまま感があったからだと気づいた。

最近テレビのペット関連番組とか、過剰演出がミエミエなので観る気がしない。霊感師みたいな外人さんが出て来て「あなたの犬がこう言ってます」みたいなのが始まったあたりから「あり得へんな」と引きだした。何回か泣いたけど。

ペットを擬人化して楽しいのは人間だけで、ペットの方にしてみれば迷惑千万なことの方が断然多い。犬の行動学を勉強すれば、生態的に犬は犬であることが再認識できるのだが、子犬との出会いは、やっぱり人間の恋心や親心を刺激しすぎるようで、頭ではわかっていてもついつい人間扱いしてしまう。管理人もしてしまうことがある。あるある、めっちゃある。

ところが人間扱いしてしまうと正しいしつけも出来ない。たとえば犬は基本的に狭いところが好きという習性があるが、人間的に考えると狭いところに閉じ込められて可哀想となる。

クレートとか、犬が自らそこへ入りたいと思うようにしつけをすることは犬の安全のためには必要なことで、その上基本的に狭いところが好きな習性を持っているとくれば、ハウスレッスン最高!だ。

テレビなんかでもよく「うちの犬は自分を人間だと思っているんですぅ」と言っている人を見るが「ちゃうがな、それは犬の方があんたを同等の犬と思っているんや」と、決まって1人ぶつぶつ独り言を吐く。これはオッサンの習性。

人間の子供だって、大人が子供扱いするからいつまでたっても子供な訳で、テレビなどに出てくるクソ生意気な、でもすっごい大人な意見をもった子供は、きっと親御さんなり周りの大人が対等に接しているからだろうし、やっぱり子供も子供扱いしちゃいかんのだ。

ということで、結論。送迎で犬たちを人間の子供扱いして助手席に乗せて、しかもチャイルドシートがあるわけでもなく、毎日走り回っている管理人は最低です。


IMG_5690.jpg


今日の記事が台無し。


いつもありがとう。今日もご支援のポチッと。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて


ラブラドール、スタンダードプードル、Mダックス、シーズー、4匹の看板犬たちと共に生きる、今年人生半世紀を迎えた中年親父が懊悩しつつ犬ブログを綴っています。
最近の記事
カテゴリー
CalendArchive
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター
お友達リンク集
RSSリンクの表示
携帯用ブログQRコード


http://petfuca.blog95.fc2.com/?m

ちょっと一息
天気予報
お散歩の参考までに^^
管理人紹介


PETSHOP & TRIMING
fuca店長です。愛犬飼育管理士、一般社団法人JPLA家庭犬トレーナー研修所講師をしています。趣味は読書。英国式トレーニングで、犬たちが幸せな生涯を送れるように、個人で出来ることをひとつずつ実践したいと思っています。

メール送信はコチラから

主に登場する面々
    大先生、管理人と同い年
    トリマー歴◯十年の相方




    お店の名前にもなった
    M・ダックス風花、8歳。




    看板犬軍団影の女番長。
    シーズーしじみ、7歳。




    桜子ラブラドール7歳。
    出産経験1度あり。




    雪子スタンダードプードル
    まだまだ子供の3歳。



管理人のTwitter
フォローお待ちしていますのでお気軽にどうぞ!



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。