犬の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尿採取の話


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。


ペットホテルでもっとも気を遣うのは、やっぱり犬たちの健康状態なのだけど、飼い主さんと離れたストレスから来る多少の下痢くらいなら、獣医さんから貰っている常備薬があるのですぐに対処する。


IMG_5543.jpg


多少の下痢であっても2日続くと血便やゼリー便になっていく場合もあって、そうなると獣医さんのところで注射を打ってもらったりするのだけど、ペットホテル常連の犬たちにもなると、まずストレスからくる下痢などの心配はない。だってすっかり我が家同然、店に慣れてるから。


IMG_4222.jpg


M・ダックススムースの桃吉と福助もそんな常連組なのだけど、前回来たときの桃吉血尿情報はここにも書いた。そんな桃吉たちがまた来ていて、今回はその時に出来なかった尿検査をやることになった。


IMG_5541.jpg


尿検査だから当然尿を採取しなければならないが、基本ペットホテル時の♂はマナーバンドをつけているので、生理用品に吸収された尿はもう採取できないし。それならば動物病院で尿管に管を入れて強制採取という方法もあるのだけど痛そうだし、飼い主さんが「いつもやっている」という尿採取方法をやってみることにした。用意するものはこれ。


IMG_5537.jpg


アウトドア用の丼、フタ付き。これも飼い主さんがいつも使っているものを貰って来た。「そりゃフタ付きでないとね」とかケラケラ笑いながら持って帰ったのはいいけど、そんなに上手くとれるかどうか。残念ながら管理人は写真係をしないといけないので、仕方なく大先生が採取係。( ̄▽ ̄)


IMG_5539.jpg


チンチンを追いかけること約1分、この臨場感は動画で。ご注意下さい、音声ありです。





ナイシュ採取!とシャレている場合でなく、すぐに病院へ持って行って検査をしてもらったら異常なしだった。一体あの血尿は何だったんだろう。獣医の先生も首を傾げていたが、まぁとりあえず尿の採取はこの方法がおススメですな。


IMG_5554.jpg


絶対にフタは要る。


いつもごありがとうございます。今日もご支援のクリックを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて


ラブラドール、スタンダードプードル、Mダックス、シーズー、4匹の看板犬たちと共に生きる、今年人生半世紀を迎えた中年親父が懊悩しつつ犬ブログを綴っています。
最近の記事
カテゴリー
CalendArchive
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター
お友達リンク集
RSSリンクの表示
携帯用ブログQRコード


http://petfuca.blog95.fc2.com/?m

ちょっと一息
天気予報
お散歩の参考までに^^
管理人紹介


PETSHOP & TRIMING
fuca店長です。愛犬飼育管理士、一般社団法人JPLA家庭犬トレーナー研修所講師をしています。趣味は読書。英国式トレーニングで、犬たちが幸せな生涯を送れるように、個人で出来ることをひとつずつ実践したいと思っています。

メール送信はコチラから

主に登場する面々
    大先生、管理人と同い年
    トリマー歴◯十年の相方




    お店の名前にもなった
    M・ダックス風花、8歳。




    看板犬軍団影の女番長。
    シーズーしじみ、7歳。




    桜子ラブラドール7歳。
    出産経験1度あり。




    雪子スタンダードプードル
    まだまだ子供の3歳。



管理人のTwitter
フォローお待ちしていますのでお気軽にどうぞ!



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。