犬の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の歯石取り


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。


もう1年は歯医者さんに通っている。と言っても2週間に1度のペースで、しかもたまにサボったりするのでそれだけかかるのだが、歯の治療に行ったのは30年ぶりくらいだったので、工事する箇所が多すぎるからということもあるみたい。

その30年ぶりに行った歯科医の先生に、まるで秋芳洞の鍾乳石を見たかのように、あらぁ!こんなの見たことないですぅ!と叫ばれるほど、立派に育った歯石の除去だけで半年以上、最近やっと虫歯の治療に取りかかれたようで。ようでって。

で、気になったので犬の歯石についてもいろいろ調べてみた。うちの連中もそうだけど、小さな子供の時から口の中に指を突っ込んで歯磨きを慣らしている人は別にして、犬って大抵は口の中に手を入れられることを嫌うので、大人になってから磨き始めようと思ってもなかなかさせてくれない。

でも犬の歯石も放っておくと口が臭いだけで収まればいいけど、歯周病になってそこから細菌がまわって腎臓病や心臓病になることもあるというのはよく聞く話で、たかが歯石されど歯石、なかなか厄介な石だ。

獣医さんに行くと全身麻酔だから嫌という愛犬家の人も多いので、そのことについても調べてみたら「教えてgoo」にぴったりの記事が載っていたので引用。

by 教えてgoo




質問:

うちの犬は口臭が少しあるので、歯石を取ってもらおうと考えているのですが、全身麻酔をする事と・削った後に余計に余計に汚れが溜まる事(友達の犬がそうなったと聞いたので・・・)に、悩んでいます。先生が言うには、「(うちの)子供ちゃんがハイハイし出す前に歯石取ってる方が良いよ。ワンちゃんのオモチャ口に入れて、病気が移ったらダメだから。」と言う事でした。
された方いらっしゃいますか?歯石を取って良かったですか?


ベストアンサーに選ばれた答え:

専門家です。
麻酔なしの歯石処置ですが基本的にはお勧めしません。というのも麻酔なしでは歯石の付きはじめであるポケット内の処置や歯根にまで歯石が至っている場合のルートプレーニング(歯根の平滑化)が出来ません
見えているところの処置でしかないので歯根部分の悪化をみすみす進行させてしまうことになります
また無麻酔ではエナメル質表面の研磨が出来ないのでそのときはいいのですが余計に歯石が付きやすくなってしまいます
歯石の処置に関しては獣医師であってもかなりレベルに差があるのが現状です
もちろんいくら研磨をかけても生まれたままのつるつるさにはかないませんから手入れをしないと歯石は付きやすいですがきっちり研磨できているか否かでかなり違うと思います
どんな処置をするのですか?と訊いてみてください
正規の手順としては
口腔内の洗浄→大きな歯石の割去→パワースケーラー(超音波)による歯石の大まかな除去→ハンドスケーラーによる歯石の除去→キュレットによるルートプレーニング→エナメル表面の研磨といった手順になります
これだけのことをしようと思ったら普通にやって一時間近くかかりますですから麻酔も安定して安全にかける技術が必要です
歯石をとるべきかと訊かれたら私は正しい手順で知識を持った人間がするならもちろんYESと答えます(あと取ったあとに飼い主さんがきちんとケアできるのも重要な要素です)




なるほどわかりやすい。獣医さんによって技術的にかなりの差があるというのはどの業界でもある話で、そこは評判を調べるとして、歯石ががっつり溜まってしまったら一度は獣医さんでとってもらって、その後は予防に最善を尽くすというのが一番いいということで。

予防に関しては飲み水に入れるだけでいいという、無精者にもできる「KPS マウスクリーナー」という素晴らしい商品があるので、この話の流れで3月の本店hinata店合同キャンペーンとして割引販売しますからぜひお問い合わせ下さいとか、ちゃっかり宣伝して。

ちなみに管理人の秋芳洞歯石は、虫歯の治療をしてもらっている間にまた溜まって来たようで、虫歯の治療が終わったらまた歯石取りましょうねぇ♪なんて言われたりして。正しい歯磨き教室で言われた通りちゃんとしてるのに。

終わりなき魔のループ突入。( ̄▽ ̄)


口臭大丈夫ですか?今日もポチッとご支援のクリックを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて


ラブラドール、スタンダードプードル、Mダックス、シーズー、4匹の看板犬たちと共に生きる、今年人生半世紀を迎えた中年親父が懊悩しつつ犬ブログを綴っています。
最近の記事
カテゴリー
CalendArchive
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター
お友達リンク集
RSSリンクの表示
携帯用ブログQRコード


http://petfuca.blog95.fc2.com/?m

ちょっと一息
天気予報
お散歩の参考までに^^
管理人紹介


PETSHOP & TRIMING
fuca店長です。愛犬飼育管理士、一般社団法人JPLA家庭犬トレーナー研修所講師をしています。趣味は読書。英国式トレーニングで、犬たちが幸せな生涯を送れるように、個人で出来ることをひとつずつ実践したいと思っています。

メール送信はコチラから

主に登場する面々
    大先生、管理人と同い年
    トリマー歴◯十年の相方




    お店の名前にもなった
    M・ダックス風花、8歳。




    看板犬軍団影の女番長。
    シーズーしじみ、7歳。




    桜子ラブラドール7歳。
    出産経験1度あり。




    雪子スタンダードプードル
    まだまだ子供の3歳。



管理人のTwitter
フォローお待ちしていますのでお気軽にどうぞ!



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。