犬の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叱り方の比較


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。


ミクシィニュースに、子供の叱り方でやってはいけない10カ条というのがUPされていました。巷では子供に対するしつけと犬に対するしつけは基本的に一緒だと言われたりしていますが、明らかに違うところもありそうです。

その比較をしてみました。


■やってはいけない10か条!

●感情的に叱ってはいけません。
 感情的に叱らないためには、一度、深呼吸をして、気持ちを落ち着けてから叱るといいでしょう。感情的に叱ってばかりいると、情緒不安定な子どもになる場合もあります。


これは一緒。


●子どもの言い分を聞かずに、叱ってはいけません。
 例えば兄弟喧嘩では、喧嘩の理由も聞かずに、上の子どもを叱ってしまう親も多いのではないでしょうか。これに限らず、子どもの話を聞かずに頭ごなしに叱ってはいけません。まず冷静に、子どもの話を聞いてあげましょう。


一緒かな、言い分は聞けないけど、犬が叱られた原因をわかるようにしないといけないから。。


●くどくどといつまでも叱り続けてはいけません。
 これではかえって親の意図が伝わりません。親の伝えたい内容は心に残らず、怒られているという印象だけが強く残ってしまいます。


一緒ですね。犬は叱られることに慣れてしまう。


●自分の都合で叱ってはいけません。
 疲れているからといって、八つ当りで叱ってしまったことありませんか?後でお母さんが後悔するだけです。


これも一緒。


●両親が一緒になって叱ることは避けましょう。
 子どもの逃げ場がなくなってしまいます。一方が叱れば、一方がフォローするという形が理想的です。我が家の場合は、決めごとにしたわけでもありませんが、上の娘を叱るのは私で、夫はフォローにまわります。そして、下の息子を叱るのは主に夫で、私がフォローするという役回りです。だからといって、子どもたちは片方の親と仲が悪いわけでもありません。


これは違いますね。犬の場合は家族が一丸となって問題行動に対して確固たる意志と態度を持って全員が同じ対応をしないといけないから。


●誰かと比べて叱ってはいけません。
 「○○ちゃんは上手なのに」「お姉ちゃんはもっと早くできていたのに」と、誰かと比較してはいけません。ひがみやすい子どもになってしまいます。また、いつも同じ子どもと比較していると、その子どものことが嫌いになってしまう場合もあるので気をつけましょう。それは兄弟間でも言えることです。


これは、犬は理解できないかと。人間ほどの嫉妬心や執着はないと思われますが。


●昨日と今日で言うことを変えてはいけません。
 一貫性を持って叱らないと、子どもは不信感を抱きます。また、父親と母親もしつけに関して話し合い、統一性を持たせましょう。人によって言うことが違うと、子どもは迷ってしまいます。


これはまったくもって一緒。混乱します。


●全人格を否定する言葉や子どもを突き放す言葉は、使ってはいけません。
 「生まれてこなければよかったのに!」など全人格を否定する言葉や「もう、知らない!勝手にすれば!」「出て行きなさい!」など、子どもを突き放す言葉は子どもの心に深い傷となって残るので、絶対に使ってはいけません。


これは・・・人間特有。


●今叱っている内容に付け加えて、昔のことまで引っ張り出して叱るのもタブーです。
 叱っていると、そのことに関連した過去の過ちも思い出し、つい昔のことまで叱ってしまう親は多いようです。終わってしまったことを言っても意味が無い上に、子どもがいやな思いをするだけです。


これは一緒。これも犬が混乱します。

●愛情のない体罰はやめましょう。
 体罰を与えることによって、親の意図が伝わりにくいだけでなく、子どもの心に深い傷を残します。さらに、その恐怖から嘘や隠し事などで自分を守ろうとしたり、また、友達にも乱暴になる場合もあります。


まったくその通り。


以上です。

こうやって較べてみると、やはり基本は一緒だなと思いますが、実際1年を通してこの通りやり続けることのできる人ってどれくらいいるのか、頭ではわかっていてもね、難しいです。

がんばろ。


【子育ての悩み相談ガイド:鈴木牧子】より引用。



  お手数ですが、今日も応援クリックをお願いします。
              ↓
人気ブログランキングへ
ブログランキング

コメント頂戴できれば喜びます。コメント返しとポチはご訪問時に。
ブログURL登録がない方へはこちらでお返事させて頂きます。

FC2ブログ以外の方はご訪問履歴が残りません。
せめて足跡だけでも残して下さい。お礼に参上します。

おきてがみ


コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

>>のんママさん

お母さん、さすが。
ベテランは違いますね。
そうか。
子供を立派に育て上げたお母さんたちは
訓練士としてすぐに活躍できるかも。
なるほど・・・

Re: こんばんは♪

>>おもちパパさん

深いですよね。
犬は喋らないかたわかりにくい部分もありますが
喋らないからかわいいとこもあったりするし。
あれが喋ったらややこしいことが増えますw

No title

人間の子育てと 似てることが 多いですよね。
あまりに ハイパーで わがままな のんさま に 悩んでた時
母が ものすごく 力になってくれました。
さすが 子育て経験がある人は 違いますっ★彡

こんばんは♪

ん~しつけって大変ですよね…
人間もワンコも共通するところありますがv-388
喋らないから解らなかったりするんですよね…汗)
うちはしつけはダメかなぁって思いますv-406
このブログについて


ラブラドール、スタンダードプードル、Mダックス、シーズー、4匹の看板犬たちと共に生きる、今年人生半世紀を迎えた中年親父が懊悩しつつ犬ブログを綴っています。
最近の記事
カテゴリー
CalendArchive
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター
お友達リンク集
RSSリンクの表示
携帯用ブログQRコード


http://petfuca.blog95.fc2.com/?m

ちょっと一息
天気予報
お散歩の参考までに^^
管理人紹介


PETSHOP & TRIMING
fuca店長です。愛犬飼育管理士、一般社団法人JPLA家庭犬トレーナー研修所講師をしています。趣味は読書。英国式トレーニングで、犬たちが幸せな生涯を送れるように、個人で出来ることをひとつずつ実践したいと思っています。

メール送信はコチラから

主に登場する面々
    大先生、管理人と同い年
    トリマー歴◯十年の相方




    お店の名前にもなった
    M・ダックス風花、8歳。




    看板犬軍団影の女番長。
    シーズーしじみ、7歳。




    桜子ラブラドール7歳。
    出産経験1度あり。




    雪子スタンダードプードル
    まだまだ子供の3歳。



管理人のTwitter
フォローお待ちしていますのでお気軽にどうぞ!



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。