犬の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盲導犬サフィーの事故死判決


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。


昨日のニュースでご存じの方も多いかも知れませんが、管理人は今朝PCでこのニュースを読み、盲導犬サフィーのことを知りました。

サフィーの気持ちを慮り、以下、asahi.comより抜粋



【盲導犬事故死、294万円賠償命令「価値、白杖と違う」】

視覚障害の男性と盲導犬がトラックにはねられ、盲導犬が即死した事故で、盲導犬を育成し、無償で貸与していた財団法人「中部盲導犬協会」(名古屋市港区)が、高知県内のトラック運転手と運送会社に計607万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が5日、名古屋地裁であった。松田敦子裁判官は「盲導犬は視覚障害者の目の代わりとなり、精神的な支えともなっている。その価値は白杖(はくじょう)とは明らかに異なり、育成に要した費用をもとに考えるべきだ」として、計294万円の支払いを命じた。

 男性が盲導犬を失い精神的苦痛を被ったとして計220万円の損害賠償を求めた訴えについては、「後遺障害の逸失利益などの示談が成立しており、改めて賠償を求めることはできない」として、棄却した。原告弁護人によると、盲導犬の交通事故をめぐる判決は全国初という。

 松田裁判官は盲導犬の価値について、「盲導犬としての特別な技能を付与され、付加価値を得ている」として、「盲導犬は歩行補助具にすぎない」とする運転手側の主張を退けた。

 その上で、損害額を検討。同協会の1頭あたりの育成費用(453万円)や、盲導犬の平均的な活動期間(10年)から、事故で即死した盲導犬が残り5年間は活動できたと認めた。単純計算で約230万円となるが、「男性との共同生活の中で経験を積み、貸与時と比べて高い技能を身につけていた」と判断。約30万円を上積みし、260万円と算定した。

 判決によると、事故は2005年9月26日午前10時ごろ起きた。静岡県吉田町の交差点で、近くに住む熊沢尚(たかし)さん(74)と、ラブラドルレトリバーの盲導犬「サフィー」(当時6)が右折してきたトラックにはねられた。熊沢さんは頭などに重傷、サフィーは熊沢さんをかばう形でトラックとぶつかり即死した。

 同協会は盲導犬の特殊性と希少性を主張。一方、運転手側は同犬種の子犬の価格(10万円)など計20万円が損害と反論していた。(志村英司)

以上



「盲導犬は歩行補助具にすぎない」という運転手側弁護士の主張は、過去の判例をもとにしたものであって、担当弁護士としては仮に心ならずであったとしても、職務上そう言わざるを得ないでしょう。

それに対して今回の判決は、過去の判例を含めたその詭弁に対して問題提起を投げかけたもので、あるいは画期的な判決になり、これからの法整備において一つの指針になり得るかも知れません。

そしてそれよりも、被害者の熊沢さんをかばう形でトラックとぶつかり即死したサフィーに、何よりも供養になったに違いありません。該当する疑似訓練を受けているとはいえ、命がけで飼い主を守ったサフィー。

朝から泣けました。


          ご支援のクリックを。
              ↓
人気ブログランキングへ
ブログランキング

コメント頂戴できれば喜びます。コメント返しとポチはご訪問時に。
ブログURL登録がない方へはこちらでお返事させて頂きます。

FC2ブログ以外の方はご訪問履歴が残りません。
せめて足跡だけでも残して下さい。お礼に参上します。

おきてがみ


コメントの投稿

非公開コメント

No title

>>SAKICOさん

ありがとうございます。
返信は貴ブログにコメントさせていただきました。
お礼の☆とセットで。

ツイッターから来ました。

はじめまして。
北海道のドッグケア会社を経営しております、わんこのきもち代表
遠藤咲子と申します。
フォローありがとうございます。
きっとサフィーがつなげてくれたご縁ですね。

>そしてそれよりも、被害者の熊沢さんをかばう形でトラックとぶつかり即死したサフィーに、何よりも供養になったに違いありません。該当する疑似訓練を受けているとはいえ、命がけで飼い主を守ったサフィー。

本当にその通り、私もその事がまず胸を打ちました。
もう使命というよりオーナー様と心がつながっていたのでしょうね。
あ・・・また泣けてきた(汗)

貴社様の活動を遠い北海道より応援しております。

このブログについて


ラブラドール、スタンダードプードル、Mダックス、シーズー、4匹の看板犬たちと共に生きる、今年人生半世紀を迎えた中年親父が懊悩しつつ犬ブログを綴っています。
最近の記事
カテゴリー
CalendArchive
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター
お友達リンク集
RSSリンクの表示
携帯用ブログQRコード


http://petfuca.blog95.fc2.com/?m

ちょっと一息
天気予報
お散歩の参考までに^^
管理人紹介


PETSHOP & TRIMING
fuca店長です。愛犬飼育管理士、一般社団法人JPLA家庭犬トレーナー研修所講師をしています。趣味は読書。英国式トレーニングで、犬たちが幸せな生涯を送れるように、個人で出来ることをひとつずつ実践したいと思っています。

メール送信はコチラから

主に登場する面々
    大先生、管理人と同い年
    トリマー歴◯十年の相方




    お店の名前にもなった
    M・ダックス風花、8歳。




    看板犬軍団影の女番長。
    シーズーしじみ、7歳。




    桜子ラブラドール7歳。
    出産経験1度あり。




    雪子スタンダードプードル
    まだまだ子供の3歳。



管理人のTwitter
フォローお待ちしていますのでお気軽にどうぞ!



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。