犬の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつけセミナーの話


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。


昨日の日曜日、しつけセミナーを開催しました。


IMG_1960.jpg


センターで立ってお話されているのが、先日来幾度かこのブログでご紹介した「Donna Dog Life(ドナドッグライフ)」オーナーの間柴氏で、今回より弊店で開催するしつけセミナーの講師を引き受けて下さった奇特な方です。

Donna Dog Lifeさんの紹介記事→こちら

開始直後は受講者のみなさんも緊張されていたようでしたが、自己紹介、質疑応答から始まり、オビディエンスが始まる頃には、すっかり間柴先生のペースで実に楽しい雰囲気に。

※オビディエンストレーニングとは、お座り・待て・ふせ・おいで・ヒール(つけ)など、いわゆる服従訓練のことです。


IMG_1978.jpg


オビディエンスの中でも特に大事なのは呼び戻し(オイデ、コイ)であることは、管理人もこのブログで常々語ってきましたが、間柴氏も同じ考えで、初回の昨日は呼び戻しを中心に、犬同士の挨拶やゲームを取り入れました。

屋外でとっさにリードが外れたりした場合、遠隔でスワレやマテの指示に従うようにしつけをするというのは、かなり高度な技術が必要です。

そんな場合、飼い主さんもとっさに名前を呼ぶだろうし、名前を呼ぶことでこちらに走って戻ってくるようにすることの方が簡単かつ重要、という説明はわかりやすかったです。

狭い店なので一体どうなることやらと思っていましたが、狭いながらもさすがテレビで何度も紹介された北区にある某有名ショップで講師をされていただけあり、手慣れた様子でセミナーは進行して行き、受講者の皆さんも実にリラックスして楽しそうなのでありました。


IMG_1976.jpg


最後に管理人から間柴氏が主宰される「Donna Dog Life(ドナドッグライフ)」の活動である保護犬の里親探しへのご協力をお願いして、2時間ほどでセミナーは終了。

弊店でもDonna Dog Lifeさんで保護された犬たちのトリミングをボランティアでさせてもらうことになったり、こういった形のセミナーでしつけに対する意識の向上を図ったり、草の根運動的になりますが、殺処分撲滅へ向けて微力ながら活動できるのは、間柴氏との出会いがきっかけになりました。

これからも定期的(できれば月2回)にしつけセミナーを開催し、しつけの大切さと楽しさを伝えていきながら、犬との絶大なる信頼関係の構築、もちろん殺処分撲滅運動、そして受講生の皆さんのスキルアップにもお役に立ちたいと考えます。


IMG_1963.jpg


次回、2月13日(日)開催のセミナーは定員オーバーで申し込みは閉め切りましたので、その次の開催告知です。

日時:2月26日(土)午後1時~

場所:ペットショップfuca曽根本店
   (豊中市曽根東町2-2-11)

料金:2,500円(個別カウンセリング含む)

持参するもの:リード、カラー、常食フード1食分程

お申込メール:info@fuca.jp 電話:06-6867-1138

※スペース、時間の都合で先着6名様までとさせていただきます。(1/31現在残り4名様です)

犬種、年齢は問いません。お気軽にご参加下さい。



殺処分撲滅草の根運動。ご支援のクリックを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ハイ!忘れずにクリックぅ!

スポンサーサイト

独立への「夢」を「夢」で終わらせない


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。


現在弊店が技術研修所になっているヒューマンアカデミーの通信講座トリミング速成コースに吹田から、ドッグトレーナー速成コースに兵庫県赤穂市から、それぞれ1名の生徒さんが来られて頑張っています。

IMG_1813.jpg


先日も卒業生の方がお店をオープンされた記事を書きましたが、ペット好きが高じてトリマーやトレーナーを目指される方は年々増えています。

ただ、資格を取得したもののその資格を生かされずにいたり、専門学校を卒業して何とか就職したものの、理想と現実のギャップに辞めてしまう方も少なくありません。

辞めてしまう理由はいろいろあります。

ショップに就職したけどなかなかトリミングをさせてもらえず、就職して数年間雑用係のような仕事に従事させられ、当然スキルアップは望めず夢を諦めてしまう人もいます。

特にトリマーとしてショップに勤めた場合いわゆる「きつい、汚い、給料が安い」の3K仕事な訳で、心底ペットが好きか、いずれ独立して自分の店を持つという強い意志がないと続かないのが現実です。(もしくは根っからど根性!的な方)

社会経験という意味では、まず就職するというのは大事なことだと思いますが、自分の夢に向かってスキルアップを求めるのであれば、とにかくトリミングの経験を積み上げて行かないことには始まりません。

リクエストに対して、お客さんに満足してもらえるレベルのスキルを身につけるには、よほどの天才肌でない限り、豊富な実践経験なしではあり得ないのです。

専門学校で2年~3年勉強をしてトリマーの資格を取ったところで、現場では屁の突っ張りにもならないわけで、管理人が言うのもおかしなことですが、まして通信教育でトリミングの勉強をして、「はい明日からあなたは一人前のトリマーです」なんてちゃんちゃらおかしい。

では、前述の独立された方は何が違うか。

まず弊店に勉強に来られた初日から、独立するということを明言されていましたし、さらにオープン予定日まで設定されていました。これには管理人も驚きましたが。

もちろん専門学校に行かれた経験もない、まるっきりの素人、まさにこの業界ド素人の女性でした。

そこにあったのは明確な目標設定と、それに向かって課題をひとつずつ、着実にクリアしていく姿勢と強い意志。

それに勝るものはないということを改めて知らされました。

彼女もヒューマンアカデミーの通信教育を入り口にされましたが、弊店で50単位(1単位2時間)の実践研修をクリアされた後、さらに20単位を自ら申し出て追加されました。

目標設定ありき、具体的な課題を見つけ出せたからだと思います。

彼女のことばかり書いていますが、1年ほど前に京都から来られていた女性も、自宅を改装しトリミング室を作るというスケジュールを組み、工事と平行して研修に来られていましたし、現在もトリマーとして活躍されています。

卒業生が活躍されていることほど嬉しいことはありません。

これからトリマーやトレーナーを目指される皆さん、専門学校や通信教育が入り口になるのはいいのですが、いかに実践教育を施してくれるかを大事な指針として下さい。

そして明確な目標を設定して自ら課題を課して行くことで、独立への「夢」は夢でなくなると思いますし、何よりの近道となります。

あとは実践、実践、また実践。

昨日の記事のコーギー♀、名前があんずちゃんに決まりました。

IMG_1830_20110130082822.jpg


実はあんずちゃんの鼻、ハート型。


IMG_1828_2.jpg


あんずちゃんの犬生に幸あれ。


今日も参加しています。ご支援のクリックを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ハイ!忘れずにクリックぅ!

愛護法改正カウントダウン


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。


動物愛護法改正の日が近づいてきました。


IMG_1846.jpg


先日も書いた
動物虐待について、定義が明確に表示されるようですが、それがどこまで踏み込んだものになるかはまだ不明です。


IMG_1848.jpg


またブリーダー、ペットショップに対しての規制も再度盛り込まれる予定です。


IMG_1847.jpg


生後8週齢(56日)未満の社会化を必要とする動物について、商業目的で親兄弟姉妹等から引き離してはならないという文言がそのまま盛り込まれるかどうか。


IMG_1843.jpg


生後7週齢(49日)なるのではないかという情報もありますが、さて。


IMG_1838.jpg


また展示販売をしている業者に対して、展示時間の規制がかかるようです。


IMG_1840.jpg


生後12週齢(84日)以上の動物は1日最長8時間までとし、その途中において展示を行わない時間を1時間以上設ける。

IMG_1842.jpg


生後8週齢(56日)以上生後12週齢(84日)未満の動物は、1日最長5時間までとし、その途中において展示を行わない時間を1時間以上設ける。


IMG_1853.jpg


親兄弟姉妹等と共に飼養されている生後8週齢(56日)未満の動物は1日1時間以内にする。


IMG_1828_20110129063830.jpg


これは草案ですが、結局まだまだ甘いものになるようです。


IMG_1830_20110129064018.jpg


商業目的で親兄弟姉妹等から引き離すのは生後13週齢(91日)以上、もちろん展示販売は禁止、というのが理想でしょうが、日本においてはまず成立しないでしょう。


IMG_1833_20110129065112.jpg


成立しないのは、業者だけが悪いように言われますが、休日になると展示販売のペットショップが大盛況で、ペットが飼いたいと思ったら、まずは展示販売のペットショップへGO!というのが普通になってしまっているわけで。


IMG_1827_20110129065538.jpg


飼いたい側は小さくてかわいい子に目がいく、売りたい側も小さくてかわいいうちの方が売りやすい、両者の思惑が一致しているのも現状です。

IMG_1836_20110129070246.jpg


まずは3月の愛護法改正の内容に関心を持つところから。

※1月の子犬のご縁、上からゴールデンレトリバーのデイジー、シーズーのチコ、下部のコーギーは本日面会予定です。この子たちの犬生に幸あれ。


参加しています。ご支援のクリックを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ハイ!ポチッとクリックぅ!

事故の話


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。


千葉にあるショップで昨年の5月、ペットホテルで預かっていた子が行方不明になる事故が起きていたことを、昨日Twitterで知りました。

愛犬家とショップ。管理人はどちらにも属するので、複雑な気持ちでその子の飼い主さんが立ち上げたブログを読ませていただいたわけですが、改めて命を預かることの責任、事の重大さを認識させられます。

IMG_1787.jpg
※昨日のアンディより鼻が高いタイプのマカロンです。


昨年も大阪の同業者が、ペットホテルで預かっていたチワワの散歩中、リードが外れ国道に飛び出し車に轢かれて死亡するという事故もありましたし、アジソン病キャリアの子がペットマンションに閉じ込められたストレスから急性で発症し死亡することもあるということを、志水動物病院の志水獣医師から聞きました。

※アジソン病

■犬のアジソン病の症状

アジソン病の症状としては、元気がない、無関心、食欲不振、下痢、嘔吐、震え、体重の減少、水を大量に飲む、尿の量が増えるなどがあらわれる。症状が重い場合は、死に至ることもある。

■犬のアジソン病の原因

犬のアジソン病(副腎皮質機能低下症)は、副腎皮質ホルモンの分泌量が低下することで起こる病気。副腎皮質ホルモンの投与を急に止めたときや、クッシング症候群の治療薬を過剰投与した際に副腎を破壊し、この病気になることがある。メスに多いという特徴もある。

■アジソン病にかかりやすい犬種

プードル(トイ・プードル、ミニチュア・プードル、スタンダード・プードル)、コリー




弊店の場合、扉は2重にして営業時間でも店舗ドアの鍵は閉めているし、散歩をする時のリードは必ず2本付けているし、寝るとき以外はノーゲージで店の中を自由に走り回っているし、とにかく事故が起きないように気を遣っているのですが、それでも想定外の事故が起きる可能性は0%ではないという不安がつきまとうのです。

IMG_1786.jpg


千葉の事故、大阪の事故、そして先日書いた殺処分の件。共通点は、しつけがきっちりと入っていたら防げたかもしれない事例であること。特に千葉と大阪のそれは、呼び戻しやマテが出来ていたなら防げたかも知れません。

IMG_1778.jpg


犬たちは自分でしつけを学習することはできません。パートナーである以上、きっちりとしつけをすることは、我々人間の義務だと思います。

※お知らせ

2月13日(日)のしつけ教室ですが、このブログで詳細を告知する前にすでに定員オーバーとなってしまいました。皆さんのしつけに対する意識の高さに敬服いたします。

ということで、開催案内です。講師の間柴泰子氏のご紹介等、詳細はこちらをご覧下さい。

日時:2月26日(土)午後1時~

場所:ペットショップfuca曽根本店
   (豊中市曽根東町2-2-11)

料金:2,500円(個別カウンセリング含む)

持参するもの:リード、カラー、常食フード1食分程

お申込メール:info@fuca.jp 電話:06-6867-1138

※スペース、時間の都合で先着5名様までとさせていただきます。


ちなみに社会化レッスン中のチコ(シーズー♀2ヶ月)は、週末はホームステイで新しいご家族のもとで過ごしています。ブログを見てレッスン見学のお問い合わせをいただいたお客様がいらっしゃったのですが、週末は店にはおりませんのであしからず。

IMG_1794.jpg


参加しています。ご支援のクリックを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ハイ!ポチッとクリックぅ!

フレンチブルドックの話


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。


ここ最近、託児のフレンチブル率が高くなっています。

IMG_1757.jpg


大元のブルドッグは元々イギリスの闘犬なので、基本的に性格がきついのですが、フレンチブルドックは大きさや顔立ち(特に耳の形)などと一緒に、性質も改良されてきたということで、非常に温厚。

IMG_1765.jpg


ネズミ駆除に活躍した時期もあったようで、なるほど体の割に俊敏だし、追いかけるのが好きだし、何にでも興味津々です。

IMG_1766.jpg


ちなみに、うちのしじみ(シーズー)と同様、いびきがひどい子も多いのですが、これにも個体差があって、鼻の高い子はイビキがましなのです。高いと言っても知れてますが。(ちなみに写真のアンディは低い)

IMG_1761.jpg


犬が飼い主に似ると言うのは、実は人は自分に似た犬を好きになるかららしいですが、管理人もフレンチブルドックのこの何ともぶさ可愛いルックスが昔から好きでした。今はチワワも好きだけど。( ̄▽ ̄)

IMG_1770.jpg


頭もいいし温厚だし、いいところが多い犬種なのですが、頭がでかいので出産は帝王切開だったり、極端に暑さに弱いので夏は注意が必要だったり、興奮状態になるとなかなか収まらなかったり、それなりに注意点は多い犬種でもあります。(どんな犬種でもいろいろありますが)

IMG_1772.jpg


この後ろ姿、たまりまへん。


参加しています。ご支援のクリックを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ハイ!ポチッとクリックぅ!

動物虐待の話


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。


昨日の記事に関連して、犬の虐待について書いてみようと少し検索してみたら、そのままの言葉で検索すると1位に何が来たと思います?

2006年の広島ドッグパークのあれですよ。

大先生と2人で定休日に日帰りでフードを届けに行って、トリミングをボランティアでしたりしましたが、もう6年前のあの事件がいまだに1位でヒットする。

日本は犬の虐待についての記事が少ないということでしょう。

先日ケーブルテレビの「アニマルプラネット」で、アメリカの犬の虐待レスキューを特集していましたが、犬の悲鳴だけのしかも匿名の通報にも、都度対応して出動していましたし、虐待定義の線引きが厳しい。

出動しているのは「アメリカ動物虐待防止協会」(ASPCA : The American Society for the Prevention of Cruelty to Animals)通称「動物警察」という行政からの資金提供は一切受け付ずに、支援者からの寄付金で運営されている団体なのですが、動物虐待者に対して逮捕権限を有している職員がいるところはさすがです。

とかいいながら、実はアメリカの犬猫殺処分数は日本の10倍もあるという裏の顔もあるのですがね。

凄いのはドイツですよ、ドイツ。

犬の殺処分数0。ゼロ。なし。なっしんぐ。国でですよ。

殺処分を行う施設すらないといいます。

里親探しのための『動物の家』と呼ばれるシェルターが活躍しているわけですが、それもすべて民間からの寄付とボランティアで成り立っています。

日本にも一応虐待に関する法律があります。

動物愛護法の第6章

第44条 愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。
《全改》平11法221
2 愛護動物に対し、みだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱させる等の虐待を行つた者は、50万円以下の罰金に処する。
《追加》平11法221
《改正》平17法068
3 愛護動物を遺棄した者は、50万円以下の罰金に処する。

以下省略



有名無実に限りなく近い法律です。

日本でいうところの幕末に、ドイツではすでに動物愛護団体があったといいますから、歴史が違うとはいえその差は歴然。

来週の日曜日、弊店でしつけセミナーを開講しますが、講師の「Donna Dog Life」間柴代表のように、民間の力で出来ることを少しずつ積み上げて行くことしか、日本の現状をかえていく方法はないようです。

※2月のしつけセミナーは13日(日)に開講予定ですが、すでに定員まで残り1席となっています。毎月開講しますので、ふるってご参加下さい。


参加しています。ご支援のクリックを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ハイ!ポチッとクリックぅ!

ただ捨てられる命


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。


Twitterでasahi.comにこんな記事がアップされたことを知った。

【ただ捨てられる命 犬・猫、殺処分を公開 松山の施設】

飼い主に捨てられるなどして、年間30万匹近い犬や猫が「殺処分」されるなか、愛媛県動物愛護センター(松山市)の職員の姿を描いた児童書「犬たちをおくる日」(金の星社)が反響を呼んでいる。同センターは命の大切さに気づいてもらおうと、殺処分の様子を原則公開している全国でも珍しい施設。ペットの最期に向き合う職員らの思いを聞いた。

 センターは2002年12月に開設。1年間で、県内で収容された犬約2千匹、猫約3500匹が殺処分される。

 06年4月からは啓発活動として、希望者には面談などをしたうえで、殺処分を含めて施設のほとんどの様子を公開している。岩崎靖業務課長は「犬たちの思いを、覚悟のある人には直接感じてもらいたいのです」と話す。

 「犬たちをおくる日」は、センターの職員が写真とともに実名で出てくる。捨てられた犬猫を処分機へ送らねばならない日常や、人と意思疎通できるようにしつけをし、1匹でも多くの命を救おうと奮闘する姿が描かれている。

 身勝手な飼い主たちも登場する。「アホだから」と飼い犬を処分するよう持ち込んだのに、帰りに子犬を「譲ってくれ」と言った男性。処分場所である管理棟で、捨てた犬と記念写真を撮り、そのまま置いていった親子――。収容した犬猫のえさ代や、処分費用に年間500万円近い税金が投入されていることも紹介。職員が来場者に「捨てるのは簡単だが助けるのは簡単でない」と伝えている。

 著者で動物愛護に関するノンフィクション作品を手がける今西乃子(のりこ)さん=千葉県市原市=も、取材に訪れた際に処分機のガス注入のボタンを押し、「その日、わたしが殺したのは30頭の成犬、7匹の子犬、11匹のねこであった」とつづっている。「死んでいく犬たちと、処分という仕事に立ち会う職員の気持ちに寄り添いたかったから」という。

 09年7月に出版、これまでに12版を重ね、約5万部を発行した。金の星社広報室によると、児童書だが大人からの反響も多いという。「小学校高学年~中学生向けの本としては、短期間で売り上げを伸ばしている」。センターには子どもだけでなく、大人からも「捨てられる命を減らす社会に」「知人に本を紹介した」といった感想が寄せられている。

OSK201101210045.jpg


■ボタン押して10秒、犬が次々と倒れた

 センターを訪ねると、けたたましい鳴き声が管理棟から聞こえてきた。元の飼い主が現れなければ、多くの犬や猫たちは収容されてから5~7日で、幅1.35メートル、奥行き1.4メートル、高さ1.2メートルの金属製の箱の中で、二酸化炭素を充満させて殺処分される。

 処分日は、毎週火、木曜。犬たちは毛布の上で身を寄せ合っていた。犬舎には暖房器具がない。「命が絶たれる最期までは、少しでもいい環境で」と職員が毛布を提案したという。シバイヌのような一匹が人なつこい様子で近づいてくる。岩崎さんは「元々は飼われていた犬が多いです」と厳しい表情を見せた。

 午前9時半、処分が始まった。本の主人公となった職員、滝本伸生さん(43)が慎重に機械を操作し、15分ほどかけてゆっくりと犬を処分機に追い込む。二酸化炭素注入ボタンを押すと、10~15秒で次々と犬が倒れていった。

 さきほど近寄ってきたイヌのなきがらをなでてみた。温かく、柔らかい。目はうっすらと開いていた。

 滝本さんは言う。「センターの犬猫は人間の身勝手のためにただ死んでいく。殺処分数がゼロになるまで、この仕事を続けることが使命だと思うようになりました」。本のサブタイトル「この命、灰になるために生まれてきたんじゃない」は、自身の言葉だ。

 しつけがうまくいかずに関係が悪化することが、ペットを手放す大きな原因となっている。このためセンターは、健康で人なつこい一部の子犬や子猫は譲渡用とし、引き取る人を対象に「しつけ方教室」にも力を入れている。

 岩崎さんは「責任を持って命を預かることに、理解を深めることが大切。犬猫を殺す社会をつくったのは自分たち。一人一人に何ができるのかを考えてほしい」と語る。(中田絢子)

     ◇

 〈動物愛護センター〉 動物愛護の啓発活動や、捨てられた犬猫の処分を目的に自治体が設けている施設。保健所が同様の業務を行う自治体もある。殺処分では二酸化炭素を充満させる処分機を使用するところが多いが、山口県下関市のように、苦痛を軽減しようと吸入麻酔を使う場合もある。環境省動物愛護管理室によると、2008年度は全国で約28万匹が殺処分された。



松山の施設がこのニュースを公開したのは、少しでも多くの人にこの悲しい事実を直視してもらい、一人一人が出来ることを考えてほしいという気持ちからでしょう。

これが華やかな日本のペット社会の裏の現実。

この残酷な現実を広めることが必要です。

参加しています。ご支援のクリックを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ハイ!ポチッとクリックぅ!

2011年最初のご縁つなぎ


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。


2011年最初のご縁がつながりました。

IMG_5189.jpg


昨年12月7日生まれのシーズーの女の子。

IMG_5190.jpg


名前もチコちゃんに決まりました。

IMG_5193.jpg


新しい群れ(ご家族)がうちのつい近くの方ということで、社会化レッスンは管理人が受け持つことになり、引っ越しはまだ先。

IMG_5194.jpg


チコの犬生に幸あれ。


参加しています。ご支援のクリックを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ハイ!ポチッとクリックぅ!

進行性網膜萎縮症 PRA(Progressive Retinal Atrophy)


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。


進行性網膜萎縮症、いわゆるPRAが問題となっています。

初期症状としては夜盲症(夜になると視力が衰える疾患)が見られ、最終的には失明に至る先天性疾患です。

しかも現行で治療法がない上に、子犬の時点ではほとんど症状の出ないことも多いので発見しづらいという厄介者です。

あらゆる犬種がこの疾患を患う危険性を持っていますが、特に最近日本では、ミニチュアダックス、トイプードルが問題になってきました。

わかりやすいというか、ブームで一時代を築いた犬種ですな。

この疾患は、両親共がPRAのキャリアでないと発症しません。

つまりどちらかが陰性であればこの疾患は遺伝しないのです。

ところがですな、たとえば日本でM・ダックスのPRAのクリアー残存率(種♂として交配可能な子の残存率)を見てみると、2000年→99,7% 2002年→98% 2004年→95% 2006年→83% 2008年→41% 2010年→13% と推移してきているわけです。

そしてこのままいくと、2016年に日本のM・ダックスのPRAクリアー残存率は1%を切ると言われています。

ちなみにトイプードルの残存率は2009年時点で51%、M・ダックスでいえば2007年頃の数値で、こちらもこのままいけば2017年頃にはクリアー残存率1%を切ってしまいます。

ハッキリいってヤバい状況です。

先ほども書きましたが、現行ではこの疾患に治療法はありません。

ただ一つ、予防する手だてはあります。

遺伝子検査による変異遺伝子の排除です。

検査によってPRAキャリアかどうかを判別することは出来ます。

つまりPRAキャリアの子と交配しなければいいのです。

しかも片方がクリアーであればいいのです。

そうすることによって、将来のクリアー残存率も上げて行けます。

実に単純で簡単なことです。

日本ではその簡単なことが出来てこなかったからこうなったわけですが。

これは繁殖者のみにしかできないことです。

繁殖者のモラルに任せていた行政にも問題ありです。

もちろん、自主的にPRA検査を実施している優良なブリーダーさんもいらっしゃいます。

しかし、展示販売のペットショップで子犬を買う以上、お客さんたちはブリーダーさんを選べません。

近い将来、動物愛護法によってPRA検査が義務化される動きになってきていますが、人が自然の摂理に反し一方的に手を出して繁殖を行う以上、そこに生まれてくる命は限りなく健康体であるべきだと思います。



参加しています。ご支援のクリックを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ハイ!ポチッとクリックぅ!

独立開店


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。


昨日の定休日、大先生の誕生日行事でスケジュールを埋め尽くされていた間隙を縫い、昨年fucaのトリミング技術研修所を卒業し、12月に東淀川区で「ペットサロンDog's way」を開店された元生徒さんのところへ行ってきました。

IMG_5213.jpg


昨年の春、fucaのトリミング技術研修所に初めて来られてからおよそ半年で一国一城の主になった、彼女の行動力と起業努力に感心するやらビックリするやらでしたが、スタッフもすでに3名入社し、開業7年目の弊店でもヒマなこの時期にも関わらず、昨日も次から次へお客様が来られていたのに2度目のビックリ。

IMG_5218.jpg


トリミング室も大先生がよだれを垂らすくらい広くてきれいで、新人のスタッフさんたちが緊張するのもお構いなしに、トリミング室のガラス窓にかぶりつきで中を覗き込んでいた大先生に、ささやかな抵抗で背中を向けてトリミングに励むスタッフさんたちなのでした。

IMG_5216.jpg


広いのはトリミング室だけではなく、フロアだってホレ。

IMG_5220.jpg


写真の撮り方が上手いもので、実際より少しなんじゃこりゃ的な広さに写っていますが、本当に広々とした空間で、大先生は「いいなぁ、いいなぁ」を連発しておりました。

IMG_5217.jpg


予告もなしで突然お邪魔したのですが、開店時にうちから送った安物の観葉植物をカウンターの前の一番目立つところに飾っていてくれたので、それが一番うれしかったのは言うまでもありません。

現在スタッフさんが一生懸命ホームページを作っている途中で、まだホームページもありません。

一応東淀川区は弊店の無料送迎範囲内なので、本当は宣伝なんてしたくはないのですが、元生徒さんということで仕方がないので宣伝しておきます。

ペットサロンDog's way
住所:大阪市東淀川区小松5-6-41(ライフの裏)
電話:06-6322-2330

山城さん、これからも協力店、そして良きライバル店として切磋琢磨して、愛犬家の皆さんと家族である犬たちのため、お互い頑張って行きやしょう。

また突然伺いますので、おいしいコーヒーをお願いします。


参加しています。ご支援のクリックを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ハイ!ポチッとクリックぅ!

しつけについて考えた


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。


最近特に感じること。

しつけに決まった方法はないようで。

しつけの本があれだけ叛乱している理由もわかったりして。

しつけ本って、本によってまるで正反対のことが書いてありますが、正解不正解はなくて、結局どちらの方法もありで。

その子に合ったやり方というのもあるけど、その飼い主さんに合ったやり方もあったり、トレーナーの癖、方針があったり。

ただ問題行動の中でも、特に攻撃性の高い犬の「咬む」という行動に対してだけは、褒めて育てる的なしつけ法は通用しません。

同じ「咬む」でも、怖がって咬む子の場合とは違いますな。

犬種特性もあるし。

先日も某テレビ番組でダメ犬のしつけをしていたけど、ああいう番組は編集しまくっていやがりますから。

どうもテレビのペット関連番組は好きじゃない。(おもしろ投稿ビデオ以外)

昨日からトレーナー志望の女性が研修に来ています。

それも遠路はるばる、兵庫県の赤穂市から。

うちがお世話になっているトレーナーの先生に師事することになり、昨日は初回ということで、まずは3人で話し合い。

トレーナーといっても、どこまでなりたい?という質問に「警察犬訓練士になれるものならなりたいけど、まず家庭犬のトレーナーとして独立してやっていけるレベルになりたいです」と即答していた彼女。

情報が氾濫している世の中ですが、まずは自分が師事する先生のいうことだけをきいて基本を作っていきますか。

基本が出来りゃ、オリジナルは山盛り出来ますわ。

独立するのに「オリジナル」は必須ですけどね。

そういえば、明日から新たなトリマー研修も始まるし。

例に漏れず、お二人とも犬好きが高じてこの業界に入ってきたようですが、改めて言います。

犬はいいよぉ、犬は。( ̄▽ ̄)


参加しています。ご支援のクリックを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ハイ!ポチッとクリックぅ!

ヘルニア発症


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。

ペットホテルご利用中のお犬様、フレンチブルの獅子丸。

IMG_5177.jpg


前回来たときにはなかったのだけど、その後ヘルニアを発症してしまい、現在下半身が不自由。

IMG_5170.jpg


飼い主さんが取り寄せたという、アメリカ製の車いす持参でお預かりしています。

IMG_5169.jpg


健常者の管理人たち一般人は、たとえば身体障害者の方の苦労がわかっている風で、本当は実際にそうなってみないとその苦労なんてわかる筈がないのだけど。

IMG_5174.jpg


そんな人間たちのことなんかお構いなく、今日も獅子丸は走り回っているのでした。動画で。↓



個性としか捉えようがない。犬って凄い。


参加しています。ご支援のクリックを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ハイ!ポチッとクリックぅ!

「犬とあなたの物語 いぬのえいが」応援キャンペーン


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。

1月22日(土)から「犬とあなたの物語 いぬのえいが」の全国ロードショーが始まります。

犬の映画 (2)-1


犬好きな読者の方は、すでにチェック済みだとは思いますが、弊店はこの映画の応援キャンペーンに参加しています。

応援キャンペーンに参加したからといって、別に広告料やバックマージンが貰えるわけでも何でもないのですが、ただひとつだけ特典がありまして、下の写真がそれです。

犬の映画-1


これはシールになっているのですが、なおかつ特別優待割引券でもあります。

応援キャンペーンに参加しますと手を挙げたら、ガバッと送られてきました。

というわけで、今日の午前中から携帯メール会員さま限定で、特別優待割引券プレゼントクーポンを配信しております。

本日の配信は終了しましたが、明日1月15日(土)に再度配信予定です。

携帯メール会員にご登録の上、期間中にご来店いただくか、送迎でトリミング、ペットホテルをお申し込みいただきますと、先着30名様にプレゼントさせていただきます。

プレゼントキャンペーンは1月31日(月)まで。

携帯メール会員登録はパソコンの方はコチラから、携帯からご覧の方は、fuca1138@posh.jp へ空メールをどうぞ。

参加しています。ご支援のクリックを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ハイ!ポチッとクリックぅ!

しつけ教室 申込み受付終了


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。

今朝記事をアップしたばかりですが、1月30日(日)の「しつけセミナー」

ご好評をいただき、すでに定員オーバーとなりました。

急きょ、講師のDonna Dog Life代表・間柴泰子氏と相談させていただき、次回開催は2月13日(日)の午後1時~となりました。

申込受付等詳細は、後日アップします。

ご了承のほど、よろしくお願いいたします。



しつけ教室開催のお知らせ


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。


Donna Dog Life代表の間柴泰子氏とご縁があり、しつけセミナーを開催することになりました。

犬の保護活動から里親譲渡を中心に活動をされているのですが、スペインに本校を置く、ファンデーションジャパンボカランドッグスクールを卒業され、現在ドッグトレーナーとしても活躍されています。

一言で保護活動といいますが、そこにはワクチン接種や去勢避妊、先日も保護した時点で骨折が見つかりその治療をしたり、何らかの疾患を持っている子も多く活動費が相当かかります。

そのため今回のセミナーも無料とはいきませんが、犬の問題行動に対するカウンセリングや基本的なトレーニングについてお話ししていただく予定です。もちろん個別相談も可能です。


日時:1月30日(日)午後1時~

場所:ペットショップfuca曽根本店
   (豊中市曽根東町2-2-11)

料金:2,500円(個別カウンセリング含む)

持参するもの:リード、カラー、常食フード1食分程

お申込メール:info@fuca.jp 電話:06-6867-1138

※スペース、時間の都合で先着5名様までとさせていただきます。



子犬から老犬まで年齢、犬種は一切問いません。

犬たちと快適で幸せな生活を送るために、ぜひご参加下さい。



参加しています。ご支援のクリックを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ハイ!ポチッとクリックぅ!

2日間の浮世離れなう


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。


昨日からやっと正月休みが3日間とれまして、大先生と讃岐うどん食べまくりツアーを満喫しています。

琴平温泉の「琴平花壇」、露天風呂付き客室に1泊中。

IMG_5128.jpg


日ごろの行いがいいので、昨日の露天風呂中どしゃ降りでしたが、料理は期待していなかった分、おいしくいただけた「ふぐの懐石コース」。

IMG_5129.jpg


特に「白子の茶わん蒸し」と「ヒレ酒」が美味かったのですが、最後に出てきた雑炊のご飯が、管理人の体型からの判断なのか、おひつに山盛り出てきやがりまして、とてもじゃないけど食える量ではなく、残してしまいました。

IMG_5130.jpg


今日も親の仇のように、うどんを食いまくってから帰ります。

2日間の浮世離れ、8日からは通常営業します。


参加しています。ご支援のクリックを。

人気ブログランキングへ
ブログランキング

ごあいさつ


※ご注意 携帯電話でこのブログをご覧になる場合、パケット通信料が発生します。特に容量の大きな画像・動画等をご覧になる場合などは、定額制以外の契約内容によっては、通信料が高くなる場合がありますのでご注意ください。

明けましておめでとうございます。

トリミング、託児は1月8日(土)からとなります。

ペットホテルは年中無休です。

スタッフ共々、正月休みなしでがんばっております。

本年もよろしくお願いいたします。


参加しています。ご支援のクリックを。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
このブログについて


ラブラドール、スタンダードプードル、Mダックス、シーズー、4匹の看板犬たちと共に生きる、今年人生半世紀を迎えた中年親父が懊悩しつつ犬ブログを綴っています。
最近の記事
カテゴリー
CalendArchive
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター
お友達リンク集
RSSリンクの表示
携帯用ブログQRコード


http://petfuca.blog95.fc2.com/?m

ちょっと一息
天気予報
お散歩の参考までに^^
管理人紹介


PETSHOP & TRIMING
fuca店長です。愛犬飼育管理士、一般社団法人JPLA家庭犬トレーナー研修所講師をしています。趣味は読書。英国式トレーニングで、犬たちが幸せな生涯を送れるように、個人で出来ることをひとつずつ実践したいと思っています。

メール送信はコチラから

主に登場する面々
    大先生、管理人と同い年
    トリマー歴◯十年の相方




    お店の名前にもなった
    M・ダックス風花、8歳。




    看板犬軍団影の女番長。
    シーズーしじみ、7歳。




    桜子ラブラドール7歳。
    出産経験1度あり。




    雪子スタンダードプードル
    まだまだ子供の3歳。



管理人のTwitter
フォローお待ちしていますのでお気軽にどうぞ!



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。